頭の検診

脳卒中(脳出血・脳梗塞・くも膜下出血)や脳血管性認知症の早期発見のため、40歳以上の方を対象に実施しています。

検査は、MRIという磁石(磁場)を利用して診断する磁気共鳴画像診断で、人体に影響を与えることはありません。

 

40歳を過ぎたら、脳の検診を受けましょう。

血縁に、くも膜下出血などを発症された方がいる場合は、定期的な検診をおすすめします。

   

検診について、詳しくはこちら