町内には駅裏の温泉町と大峰地区に泉種の異なる二種類の温泉がございます。

 

長万部温泉(駅傍の便利な温泉)

 

昭和30年(1955年)、天然ガス試掘中に偶然に天然ガスと一緒に温泉が噴出した長万部温泉。 その後、新たに湯量豊富な泉源を掘り当て、各宿に配湯されています。
「高張性弱アルカリ性高温泉」のお湯は肌にしっとりとなじみ、湯上りの後いつまでも身体ポカポカと評判です。 長万部名物「毛がに」を肴にゆっくりとした宿泊も好評です。

二股らぢうむ温泉(ゾウの花子も湯治した秘境の温泉)

明治時代から湯治湯として知られており、様々な病気に効くといわれている秘湯。今でも長期滞在する人が多いのも特徴です。 また、露天風呂から見える巨大な岩盤は泉質の炭酸カルシウムが長年沈殿してできた「石灰華ドーム」と呼ばれ、何とここ以外ではアメリカの国立公園にしかない当に自然の神秘と言われています。

 

 お宿の詳細につきましては下記Urlをご参照ください。