長万部公園(キャンプ場)

  昭和48年に完成した長万部公園は、広大な敷地にキャンプ場、池、遊具等を備えた公園です。(平成24年1月より都市公園の総合公園として認定。)
 新緑の春には桜やツツジが咲き誇り、自然石に囲まれた池には夏になるとスイレンやアヤメの美しい花々が水辺に彩りを添えます。眺望が素晴らしく森林浴ができる散策路「とみのの森」が隣接。
遊歩道も整備され道内でも高い評価を得ています。
 トイレ・流し台付のバンガローもあり、広いスペースの駐車場も完備しているので、ドライブの休憩やツーリング中のキャンプにも最適です。
 最盛期の8月上〜中旬には、毎年多くのキャンプ者が長万部の夏の夜を楽しみます。
 中には道外から毎年のように訪れ、長万部の自然に親しみながら連泊するグループもあり、道南キャンプ地の拠点として定着しています。

 

〈所在地〉 長万部町字富野243−21

〈開  設〉 昭和48年11月1日

〈面  積〉 15.3ha

〈設  備〉 管理棟、キャンプ場、バンガロー、炊事場、トイレ、遊具

〈駐車場〉 70台

〈開設期間〉 4月下旬〜10月末

〈キャンプ場使用料〉

キャンプ場

大人 500円

小人 200円

バンガロー 1棟 5,000円

※受付時間 8時30分〜午後5時(季節により変わります)

※公園管理棟 01377−2−5854

※バンガローの申し込みは、役場建設課建築公園係(01377−2−2456)