土砂災害関連情報

1 土砂災害危険箇所

・急傾斜地崩壊危険箇所(15箇所)

 傾斜度30度以上、高さ5m以上の急傾斜地で人家や公共施設に被害を及ぼすおそれのある急傾斜地及びその近接地

・土石流危険渓流(16渓流)

 渓流の勾配が3度以上(火山砂防地域では2度以上)あり、土石流が発生した場合に人家や公共施設等の被害が予想される危険区域

※土砂災害危険箇所図

※避難場所一覧

 

2 土砂災害防止法に基づく土砂災害警戒区域等

・土砂災害警戒区域(通称:イエローゾーン)

 土砂災害が発生した場合に住民等の生命又は身体に危害が生ずるおそれがあり、警戒避難態勢を特に整備すべき区域

・土砂災害特別警戒区域(通称:レッドゾーン)

 土砂災害警戒区域のうち、土砂災害が発生した場合に建築物に損壊が生じ住民等の生命又は身体に著しい危害が生ずるおそれがあり、一定の開発行為の制限及び建築物の構造の規制をすべき区域

※土砂災害警戒区域等の指定状況

 

3 北海道土砂災害警戒情報システム

 北海道建設部河川砂防課のホームページで土砂災害に関する情報を提供しています。

 

4 土砂災害から身を守るために

 土砂災害に関する情報や防災気象情報等の収集方法、住民のとるべき避難行動についてのパンフレット(PDF:657KB)を掲載しますので、企業や町内会、各家庭等において活用してください。

 

 

PDF Reader download. PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください