津波ハザードマップ

 「長万部町津波ハザードマップ・津波ハンドブック」は、東日本大震災の経験を踏まえて北海道が新たに津波浸水予測を見直し、平成24年6月28日に公表したシミュレーション結果を基に作成したものです。
 津波の浸水想定区域や標高分布を記したハザードマップと、地震や津波に関する知識などを明記したハンドブックの構成となっています。
 地震や津波は自然現象であるため、その想定を正確に行うことはできませんが、長万部町にも大津波が発生する可能性が十分あることを理解していただき、このハザードマップとハンドブックを自主避難のための参考資料として、平常時から災害に対する関心と、いざというときの避難ルートや避難場所の確認など防災対策の一環としてご活用ください。

平成25年4月1日 

1.津波ハザードマップ

2.津波ハンドブック

 

PDF Reader download. PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください