東日本大震災関連情報

 このたびの東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)により、犠牲となられた皆様に、深く哀悼の意を表するとともに、被災された方とそのご家族・関係者の皆様に、心よりお見舞い申し上げます。

 長万部町では人的被害がございませんでしたが、当町の基幹産業である水産業のホタテ養殖業を中心に甚大な被害があり、被害状況調査と併せて復旧に努めており、現在はそれら被害に対する支援要請も強く求めているところです。

 

今回の被災状況等と支援状況についての情報を次のとおりお知らせいたします。

 

1.被災地に対する長万部町の支援について  

 宮城県多賀城市からの要請を受け、「全国市町村あやめサミット連絡協議会の災害応援協定」に基づき、6月6日から26日までの間、町職員6名を2名3班に分けて現地に派遣し、現地本部の指示のもと被災者総合相談窓口で罹災証明書交付等の支援を行ってきました。   

 

2.被災者に対する長万部町の支援について

 今回の「東日本大震災」(東北地方太平洋沖地震)によって被災された方々への支援も各方面で求められているところですが、長万部町においても平成5年の「北海道南西沖地震」の際に、全国よりたくさんの支援を受け復興を果たすことができました。

 長万部町におきましても国・北海道とも協議しながら、可能な限りの支援を行って参りたいと考えております。

 

 現在の支援状況等については次のとおりですので、お知らせいたします。

 

1.物資支援 〜 第1陣として、北海道・自衛隊を通じて被災地に送り届けております。

   生活用水用ポリタンク(20L) 19個

   毛  布  250枚

   飲料水(水・清涼飲料水含む 500ml) 240本

 

 

 

 

※なお、個人としての支援のとりまとめについては、現在のところ実施しておりませんので、ご了承ください。 

 

2.被災者の方々の受け入れについて

 東北地方での被災された方々の受け入れにつきましては、現状では避難生活の長期化は避けられないため、今後は被災者の方々の疲労や精神的衛生面も考慮して、一時的な避難ではなく、一定期間の長期避難を視野に入れての対応が望まれている状況であると認識しております。

 そのため、今後はプライバシーや安心した生活の確保が重要となるため、体育館等の施設ではなく、仮設住宅での生活に移行していくことが望ましいと思われます。

 現在のところ、長万部町では次の支援体制を準備しております。

 

(1)空き公営住宅の提供

 現在、長万部町内で空き住戸となっている公営住宅6戸について、被災者の方々への提供が可能となっておりますので、ご希望の方は下記までお問い合わせくださるようお願いいたします。

 

【建設課建設都市計画グループ】  TEL:01377-2-2456

メールのお問い合わせはコチラへどうぞ

 

(2)仮設住宅建設用地の確保

 現在、以前に公営住宅を建設していた跡地が水道等のインフラが整備されていますので、仮設住宅が比較的容易として、以下の用地を確保しております。

 

 北海道山越郡長万部町字長万部354番4

   宅 地(旧日清団地跡地)

   12,463平方メートル

 

 北海道山越郡長万部町字長万部444番16

     宅 地(旧平里団地跡地)

     4,536平方メートル

 

※ 仮設住宅については、今後、北海道全体として調整しながら対応する予定です。

 

 3 支援物資に関するお願い(受付は4月20日15時で終了しました。ありがとうございました。)

 このたびの支援物資につきましては、被災された県からの要望により、指定された品目のみ、新品に限り、同じ型番の商品の箱(包み)単位で、北海道が寄付を募っておりますので、長万部町では、同様に町民の皆様からの協力品を募り、北海道へ届けますので、ご協力をお願いいたします。

 

詳しくはこちら(PDF:84.0kb)をご覧ください。

その他ご不明な点がございましたら下記までお問い合わせください

 

総務課総務グループ】  TEL:01377-2-2000

メールのお問い合わせはコチラへどうぞ

 

3.長万部町の被災状況について

(1)警報発令・住民避難等の経過

3月11日(金)

   14:46 東北地方太平洋沖地震発生

  15:14 津波警報発令、

  15:15 長万部町災害対策本部設置

        (同会議第1回目開催)

        長万部町全域の海岸部を中心に広報車による津波注意の広報活動開始

        自主避難者用施設として

        「福祉センター」「スポーツセンター」「青少年会館」を確保

  15:30 大津波警報発令

  16:10 長万部町避難勧告発令第2回 災害対策本部会議開催

       長万部町全域の海岸隣接区域を対象に「避難勧告」を決定し広報活動開始

   17:00 第3回 災害対策本部会議開催 各避難施設に計138名の避難民を確認

  17:50 第4回 災害対策本部会議開催 各避難施設に計443名の避難民を確認

              各避難施設職員の応援配置と夕食の確保・配布及び毛布・マット配布

  21:00  第5回 災害対策本部会議開催 翌日の朝食準備開始

 

3月12日(土)

    7:55 第6回 災害対策本部会議開催 朝食配布完了確認

        避難勧告の継続と昼食対応を確認

    13:50 大津波警報から津波警報に切替、第7回 災害対策本部会議開催

    15:10 避難者全員が自主的に帰宅

    15:50 第8回 災害対策本部会議開催

    16:00 避難勧告解除

    20:20 津波警報から津波注意報へ切替、災害対策本部廃止

 

3月13日(日)

    17:58 津波注意報解除

 

(2)長万部町の被災状況

住家被害(6月23日確認)

 一部損壊 1棟(基礎・外壁のひび割れ、外壁の剥離)

  

●水産被害

 国縫漁港:冠水による被害

  ・荷捌所内のシャッター・漁具・計量機器・製氷機等の破損、漁船上架中の転倒による破損

  ・電気供給施設大破、街路灯損傷、ホタテ貝養殖施設の大破等

 

 大中漁港:冠水による被害

  ・荷捌所内のシャッター、漁具、フォークリフト等の被害、漁船沈没1隻、船底破損1隻、ホタテ貝出荷用機器大破、電気供給施設大破等

 

 長万部漁港:冠水による被害

  ・ホタテ貝出荷用機器大破、電気供給施設大破、街路灯損傷、ホタテ貝調査室万能投影機大破、ホタテ貝養殖施設の大破等

 

 静狩漁港:冠水による被害

  ・ホタテ貝出荷用機器大破、電気供給施設中破、街路灯損傷、ホタテ貝養殖施設の大破等