くらし・手続き >  上下水道・ガス  >  ガス  >  長万部町営ガス

長万部町営ガス

長万部町営ガスの概要
 
長万部町営ガスの始まりは、昭和29年地下資源開発の要請を受け,天然ガス試掘ボーリングを実施した結果、昭和30年水溶性天然ガスと温泉が噴出したので天然ガスは、長万部町営ガスの原料として利用し、温泉は、町営温泉施設として利用。 現在も天然ガスは、都市ガス事業の原料として、また温泉は、老人福祉施設浴用と東京理科大学長万部校の学生寮の浴用として利用しています。
平成22年11月に熱量変更作業を実施。ガス種は5Aから13Aになりました。
供給ガスの熱量は、62MJ(14,800Kcal)

供給ガスの比重は、約1.30(空気より重い)

供給ガスのガス種は、13A

供給需要家件数は、約1,220件
プリンタ用画面
カテゴリートップ
ガス
次
ガスの豆知識

くらし・手続き
  • 町長の部屋
  • 議会
  •  
ふるさと納税
暮らしの便利帳
長万部町創生連携事業
  • くらしのカレンダー
  • 各種申請用紙
  • 長万部町立病院
  • 長万部町へのアクセス
  • ふるさと納税