くらし・手続き >  消防本部  >  消防からのお知らせ  >  通電火災を防ぐには
   

  

通電火災を防ぐには

 

       

      

通電火災とは?

 

 

 

      地震や台風等の自然災害の影響により停電が発生し、電気が再通電した時に

  電気機器又は電気配線から火災が発生する現象です。

 

 

 

    

 

もし自然災害等により停電が発生してしまったら・・・

 

  

 

    1 停電が発生した場合は、以下の対応を図って下さい。

 

   ⑴ 停電中は電気機器のスイッチを切るとともに、電源プラグをコンセントから

         離脱すること。

 

      ⑵ 避難のため自宅等を離れる際はブレーカーを落とすこと。

 

      ⑶ 再通電時には、漏水等により電気機器等が破損していないか、配線やコードが

         損傷していないか、燃えやすいものが近くにないかなど、十分に安全を確認

         してから電気機器を使用すること。

 

      ⑷ 建物や電気機器に外見上の損傷がなくとも、壁内配線の損傷や電気機器内部の

         故障により、再通電から長時間経過した後、火災に至る場合があるため、煙の

         発生等の異常を発見した際は直ちにブレーカーを落とし、消防機関に連絡する

         こと。

 

プリンタ用画面
前
新型コロナウイルス感染症対策に潜む火災のリスク
カテゴリートップ
消防からのお知らせ

くらし・手続き
  • 町長の部屋
  • 議会

ふるさと納税
暮らしの便利帳
長万部町創生連携事業
  • くらしのカレンダー
  • 各種申請用紙
  • 長万部町立病院
  • 長万部町へのアクセス
  • ふるさと納税